SCREEN

製品情報

CARTES GEMINIシリーズ

レーザー・ダイカッティングシステム

ラベルの小ロット化、短納期化やデジタル印刷機の普及に伴い、刃型のコスト・納期がクローズアップされています。CAETES社の持つ独特のレーザー技術はこの問題を単に解決するだけでなく、高品質で、安定、高速に行います。さらに、刃型では制約があり不可能だった形状でもカッティングが可能になり、デザインの表現力が広がります。

特長

  • セミシールドタイプレーザーCARTES社で使用しているレーザーは、CO2ガスを毎週自動充填するという、他に類を見ない技術により、導入時と同等のパワーを保ちます。ラベル素材ごとに設定されたパラメーターを年月を経ても利用できるため、カッティング品質を維持できるだけでなく、パワーダウンによる交換が不要です。ガスボンベは1Lボトルとほぼ同じ大きさで、通常使用で約6ヶ月持ちます。
  • ILC (Invisible Laser Cutting)CARTES社が開発したILC(インビジブルレーザーカッティング)は、従来のレーザーカッティングでは構造上避けられなかった白フチ問題を解決。さらにライナーに傷が付かず破断の心配がありません。
  • 高速・高品質350Wの高出力レーザーをシングルまたはデュアルで搭載。最大レーザー描画速度700m/分、最大ウェブ搬送速度180m/分と高速を誇ります。焦げのない、きれいなエッジを実現します。
  • さまざまな機能印刷物の表面を保護するためのラミネート(粘着/UV)、ニス加工(部分/全体)、コールド箔、ロール内で異なるJOBでも自動でカッティングデータを切り替える自動バーコード読取機能、ラベルを全抜きしてスタックする機能なども付加できます。また、ナンバリングや彫刻、破線、長尺物にも対応しており、一つのラベルに様々な効果をワンパスで付加できます。

PDFダウンロード